建物診断調査事業

特殊建築物・住宅等の建物診断調査を低コストで行います。
こんなお悩みをお持ちの方へ
・自己所有のマンションの定期点検時期がせまっている
・定期報告ってどうすればいいの?
・雨漏りしているんだけど原因が分からない
・自分の家の劣化状況を知りたい
この他にも、住宅の定期点検や性能表示の一環として様々な用途でお手伝いさせていただきます。
「建築基準法 第12条定期報告制度」が改正されました
近年、定期報告が適切に行われていなかったことが一因と思われる建築物や昇降機などの事故が多発していることから、平成20年4月1日、建築基準法第12条に基づく定期報告制度の見直しが実施されました。
見直し後(平成20年4月以降)に必要な調査内容
・手の届く範囲を打診で調査
・手の届かない部分は目視で調査
・異常があれば全面打診等により調査
・竣工、外壁改修等から10年を経てからの最初の調査の際、全面打診等により調査
定期点検外壁診断を怠った場合や虚偽の報告を行った場合、100万円以下の罰金が科されます。【国土交通省パンフレットPDF】
打診法と赤外線調査の比較
打診法とは、外壁の浮き部を調査する際に、打診棒と呼ばれる特殊な棒で外壁を打診し、その打音の高低などで浮き部分の有無を調査する方法です。 実績があり、最も一般的な外壁の調査方法ですが、高所を調査する際には足場やゴンドラなどが必要となり、設置費・安全対策費などが、調査費以上にかかります。
赤外線調査とは、赤外線カメラを使用して調査する方法で、肉眼では確認しきれない建物外壁等の劣化や損傷、雨水の侵入経路を特定します。 打診法と比較すると、調査費の大幅なコストダウンが期待できます。
各診断方法の制度比較
国土交通省からの「剥災害防止のためのタイル外離による壁モルタル塗り外壁診断指針」によると、外観目視法・打診法・反発法・赤外線装置法の4つが示されており、これらを比較表にしました。
各診断方法の比較表
調査にあたっては、それぞれの診断方法の長所・短所を理解した上で、総合的に見落としのない調査を行うことが必要です。
定期報告制度改正により新たに罰則を設けるなど、建物のオーナー様・管理者様にとっては、ますます厳しい現実を迎えております。 出来る限りコストを抑え、定期報告を行うためには、打診法よりも赤外線調査をお勧めいたします。
赤外線調査について、詳しくは « こちら » をご覧ください。
− お問い合わせ −
株式会社EARTHSHIELD
〒963-8041
福島県郡山市富田町字権現林11番地
TEL 024-983-6310
FAX 024-983-6309
メールによるお問い合わせ